Moyuku
18 / 27 ツリー    ←次へ | 前へ→

太陽系・惑星の極秘情報 amanojaku@管理人 16/11/9(水) 22:04 [添付][添付][添付][添付]
超冥王星コード・ネーム"NOX" amanojaku@管理人 16/11/9(水) 22:20 [添付][添付]
[管理人削除]
土星 amanojaku@管理人 17/7/27(木) 18:08 [添付]

太陽系・惑星の極秘情報
 amanojaku@管理人  - 16/11/9(水) 22:04 -
【コード・ネーム"ヤハウェ"】

◎この惑星はNASAの内部では{1〜4番目の画像}:”ヤハウェ”と言うコード・ネームで呼ばれていて,地球の楕円軌道と ほぼ同じ点対称の楕円軌道で太陽の反対側を公転している惑星だと思われる.
今までNASAは その存在を隠蔽(いんぺい)してきたが,このコード・ネーム<ヤハウェ>は太陽の反対側から少しずつ ずれて来ており,いずれ地球に接近して,太陽の光りを反射して雲を とおし我々の眼前に すがたを現わすだろう.
将来 発表されるだろうが,正式な発表名称は別の名前となる場合も あるだろう.

◎コード・ネーム ”ヤハウェ”を観測するために NASA が打ち上げた探査機は ”トア”, ”ケハト”, ”アロン”と言う コード・ネーム で呼ばれている3機で,この内の コード・ネーム ”アロン”が コード・ネーム ”ヤハウェ”の地表への軟着陸に成功し,その観測・データ がJPL(ジェット・推進・研究所)に送られているようです.
コード・ネーム ”ヤハウェ”の赤道半径は約7148km で地球よりも少し大きく,自転軸は天王星(てんおうせい)や冥王星(めいおうせい)のように大きい角度で横倒(よこだお)しになっており,地球と同じく強い地磁気が存在し,プレート・テクトロニクス による活動も確認されているようです.
その 大気組成は その ほとんどが二酸化炭素で硫酸(りゅうさん)の厚い雲が表面を覆(おお)っており,地上の温度は摂氏(せっし)400℃以上で,気圧は86バール の高温・高圧・状態で,上空は時速168km に達する烈風(れっぷう)が吹いているが,地上では時速1〜2km と そよ風ていどでのようです.

PC の場合、画像の順番は上から順番に、左(1番目)、右(2番目)、左(3番目)、右(4番目)、となる。

《参考書籍》

{1番目の画像}:(ハレーションなし,カラー補正なしのオリジナル画像)は『失われた太陽系 第10番惑星「NOX」の謎』{<著者>飛鳥 昭雄(あすか・あきお)+三神たける <発行所>(株)学習研究社}より.
{2番目の画像}:『完全ファイルUFO&プラズマ兵器』{<著者>飛鳥 昭雄(あすか・あきお) <発行所>(株)徳間書店}より.
{3〜4番目の画像}:『ムー』(2003年2月号){<発行所>(株)学習研究社}(<目次名>太陽系 第12番惑星 ヤハウェ は灼熱世界だった!! <文>飛鳥 昭雄(あすか・あきお))より.
添付画像【19_sky_fish-012-450x285.jpg : 19.5KB】添付画像【19_000000D4.1.jpg : 18.9KB】添付画像【19_000000D4.2.jpg : 18.6KB】添付画像【19_000000D4.3.jpg : 18.6KB】
引用なし

パスワード


[添付] :19_000000D4.1.jpg (18.9KB)
[添付] :19_000000D4.2.jpg (18.6KB)
[添付] :19_000000D4.3.jpg (18.6KB)

<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/51.0.2704.79 Safari/537.36 Edg...@ntkngw293150.kngw.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp>
・ツリー全体表示

超冥王星コード・ネーム"NOX"
 amanojaku@管理人  - 16/11/9(水) 22:20 -
【超冥王星コード・ネーム"NOX"(ノックス)】

◎NASAは以前から超冥王星(ちょうめいおうせい)の存在を知っていた。
19世紀末?20世紀初頭にかけて、天王星(てんおうせい)や海王星(かいおうせい)の軌道に摂動(せつどう)が観測されたが、それは小さな冥王星(めいおうせい)では起こりえない摂動(せつどう)だったからである。
また、ここ100年近い観測では、新たな摂動(せつどう)が生じていない事から、まったく別の天体が太陽系の横道面(おうどうめん)とは一定の角度を保って公転(こうてん)していると推測されていた。
NASAは1987年には超冥王星(ちょうめいおうせい)の研究データを一部 公表しており、超冥王星(ちょうめいおうせい)は天文学者の間(あいだ)でも周知(しゅうち)の事実となっている。
NASAは正式な発表を行っていないが、パイオニア11号のデータ解析から、超冥王星(ちょうめいおうせい)の存在を確認し、そのコード・ネームは{1番目の画像}:"NOX"(ノックス)と命名された。

ボイジャー1号は最後に撮影した太陽の強烈な光りでカメラのシャッターが故障し撮影できなくなってしまったと言われているが、これはフェイクである。
太陽の撮影後ボイジャー1号はコード・ネーム"ヤハウェ"も撮影し、いよいよ満(まん)を持(じ)し1980年11月12日、土星の重力を利用しスイングバイを行って太陽系の横道面(おうどうめん)から35度の角度で上昇させコード・ネーム"NOX"(ノックス)の探査に向かった。

ボイジャー2号もボイジャー1号を追ってコード・ネーム"NOX"(ノックス)の探査に向かわせる予定だったが、まったく予想だにしなかった事態が発生する。
パイオニア10号から まったく別の天体が存在すると言うデータが送られて来たのである。
謎の天体は横道面(おうどうめん)から下側の遠い距離に存在する事が判明し、急遽(きゅうきょ)、ボイジャー2号を探査に向かわる事にした。
ボイジャー2号も海王星(かいおうせい)の重力を利用しスイングバイを行って太陽系の横道面(おうどうめん)から48度の角度で降下し、太陽系の最深部(さいしんぶ)へ探査に向かった。

アメリカ東部時間1993年8月2日にボイジャー1号はコード・ネーム"NOX"(ノックス)に到達し、現在 ボイジャー1号はコード・ネーム"NOX"(ノックス)の周回(しゅうかい)軌道に乗って周回(しゅうかい)している。

コード・ネーム"NOX"(ノックス)のサイズは地球の約2.3倍、自転軸は横道面(おうどうめん)に対し約12度 傾(かたむ)いている。
磁極は自転軸に対し約23度ずれている。
大気(たいき)の主成分は窒素(ちっそ)だが、酸素も ある程度ふくまれており、ほかに水素やメタンも検出されている。
太陽から非常に遠いため、地上は極寒(ごっかん)の世界らしい。
コード・ネーム"NOX"(ノックス)の全地域で広範囲に広がる氷の層が確認されている。
その氷はメタンやドライアイスではなく、普通の水が凍(こお)ったものだという。
公転(こうてん)軌道は横道面(おうどうめん)に対し公転(こうてん)面が87.2度も傾(かたむ)いていた。
ただし公転(こうてん)周期については、その項目が削除された形跡(けいせき)があるらしいので、ひょっとすると まだ計測中だったのかもしれない。
ただ、ひとつ判っている事は、コード・ネーム"NOX"(ノックス)の公転(こうてん)軌道は、19世紀末?20世紀初頭にかけての摂動(せつどう)事件を含めて確実に変化しており、現在では長円(ちょうえん)軌道から限りなく真円(しんえん)軌道に近くなっているらしく、それにともなって公転(こうてん)周期も変化している可能性が高いと言う。

ボイジャー2号の送ってきたデータによると、未知の天体はコード・ネーム"NOX"(ノックス)の軌道と ほぼ同じだったのである。
ただし、その未知の天体は冥王星などと同じ氷天体で、サイズは約985kmと かなり小さい。
言うなれば小惑星か準惑星と呼ぶべき天体で、かつてはコード・ネーム"NOX"(ノックス)の衛星だったらしく、それが弾き飛ばされた可能性が高い。
NASAは この未知の天体に対して{2番目の画像}:「ヘメラ」と言うコード・ネームを与えている。
注."NOX"(ノックス)とは「ローマ神話の夜の女神"NOX"(ノックス)=ギリシア神話の"Nyx"(ニュクス)」のことであり、NASAは この未知の天体に対して「ギリシア神話の"Nyx"(ニュクス)」の娘である「ギリシア神話の昼の女神"ヘメラ"」の名を採用している。

コード・ネーム"ヘメラ"を発見したボイジャー2号はコード・ネーム"ヘメラ"の周回軌道には入らなかったようで、NASAは改良したハッブル望遠鏡を使って密かに観測を続けており、その画像も撮影している。
下記のコード・ネーム"ヘメラ"の画像はハッブル望遠鏡によって撮影された画像を天才的ハッカー、ジェームズ・J・ジェファーソン(通称 トリプルJ)がハッキングにより入手したものだと言うことである。
現在、コード・ネーム"ヘメラ"は地球から見て南天の方角から横道面(おうどうめん)に接近しつつある。

PC の場合、画像の順番は上から順番に、左(1番目)、右(2番目)、左(3番目)、右(4番目)、となる。

《参考書籍》

『失われた太陽系 第10番惑星「NOX」の謎』{<著者>飛鳥 昭雄(あすか・あきお)+三神たける <発行所>(株)学習研究社}参照.
『ムー』(2011年2月号){<発行所>(株)学習研究社}(<目次名>太陽系 第10番惑星 NOX の娘惑星 ヘメラ <文>飛鳥 昭雄(あすか・あきお)+三神たける)参照.

{1番目の画像}:『失われた太陽系 第10番惑星「NOX」の謎』{<著者>飛鳥 昭雄(あすか・あきお)+三神たける <発行所>(株)学習研究社}より.
{2番目の画像}:『ムー』(2011年2月号){<発行所>(株)学習研究社}(<目次名>太陽系 第10番惑星 NOX の娘惑星 ヘメラ <文>飛鳥 昭雄(あすか・あきお)+三神たける)より.
添付画像【20_000000D8.0.jpg : 17.1KB】添付画像【20_000000D8.1.jpg : 18.7KB】
引用なし

パスワード


[添付] :20_000000D8.0.jpg (17.1KB)
[添付] :20_000000D8.1.jpg (18.7KB)

<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/51.0.2704.79 Safari/537.36 Edg...@ntkngw293150.kngw.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp>
・ツリー全体表示

[管理人削除]
   - -
この書き込みは管理人によって削除されました。(22/4/13(水) 7:01)
引用なし

パスワード


<@>
・ツリー全体表示

土星
 amanojaku@管理人  - 17/7/27(木) 18:08 -
土星もガス天体と言われているが、地殻が存在すると想定される。
{1番目の画像}:土星の北極に存在する巨大・六角形になっている気流。
これは土星の気流に影響を与えるほどの巨大・六角構造体が存在することを表している。
添付画像【64_土星:北極:巨大・六角国「体.11.jpg : 52.3KB】
引用なし

パスワード



<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:54.0) Gecko/20100101 Firefox/54.0@ntkngw293059.kngw.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp>
・ツリー全体表示

18 / 27 ツリー    ←次へ | 前へ→
 690
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.02b1